Profile

岸本良平4

岸本良平 / Jazz Piano,Keyboard,compose,arrangement
立命館大学卒
在学中よりJAZZを中心に演奏活動を始め、関西を中心にライブ活動を行う傍ら、レストランやブライダルでの演奏、レコーディングワークやアーティストのサポート伴奏の他、シンセサイザーを用いた楽曲制作にも取り組む等、活動は多岐に渡る。

現在は国内外のJazz Festivalに多数出演する他、pops,Rock,和楽器,インド古典音楽等,様々なジャンルのアーティストと共演し日本各地を回る。
また、レギュラーワークとして京都祇園の老舗ナイトクラブ「Selected Repos」のハウスバンドのリーダーを勤め、本場ラスベガスのエンターテイメントショーを再現している。

妻はプロボクサーの小澤瑶生

 

活動経歴
2015年北インド古典音楽奏者Gumiとの共作アルバム「just so」をリリース。
2016年2月、インドの聖地バラナシで早朝行われるインド政府公認プロジェクト『Suba-e-venares』にて演奏。同年4月、台湾にてコンサートツアーを行い、さまざまなジャンルのリスナーから好評を得る。
2016年、Swing Jazz Band「Clap Stomp Swingin’」に加入
同年9月、Taipei Lindy Festivalにゲストバンドとして出演、その後日本各地でツアーを行う。
2017年5月自身のバンドにてニューヨークにて開催されたドリームよさこいinタイムズスクエアに出演。
2017年7月韓国済州島で行われたJuju Swing Campに参加。同年10月クラウドファンディングにて163万円の支援を集めニューヨークでバンドでの単独公演を行う。
2018年2回目のクラウドファンディングを行い、220万円の支援を集めバンドの全国ツアーを成功させる。
2019年ベトナム、台湾、中国、韓国で開催されたSwing Festivalに参加。イタリアシチリア島にてコーラスグループGLORIUS4と共演する。
2019年12月 同バンドを脱退。現在はフリーランスとして活動している。

Kishimoto Ryohei / Piano, keyboard
Ritsumeikan University Political Science Degree
Ryohei Kishimoto began learning classical piano at age seven. He was first introduced to Jazz at Ritsumeikan University through the university Jazz club, studying under the guidance of Mr. Osamu Ichikawa and Mr. Fuji Sada Yasushi. He began performing in numerous events on and off campus before organizing shows throughout the Kansai area, playing regularly at restaurants and weddings. Upon graduation, he gained various commissions as accompaniment for several artists including, Kisako, Kazusa, Unlimited Tone, Pascale Elia, Chality Rockheart, and Jaye Nicole. For the past two years he has established himself as the house pianist at “Selected Repos,” a prestigious Jazz Club in Kyoto hosting international musicians. Earlier this year he co-released the album Just So, with classical Indian musician, Gumi. He is currently working on music production using synthesizers and plans to collaborate with musicians on a global scale.